お知らせ

そもそも近視って?

ヒトの目は、よくカメラに例えられます。
目には、レンズの役割を果たす水晶体、見たものを映す網膜があり、このレンズの厚みの変化によってピントを合わせています。
水晶体の周りにある毛様体筋という筋肉が伸びたり、縮んだりすることで水晶体の厚みを調節しています。そして、このピントが合わせられなくなると、ものがはっきりと見ることができない状態となり「視力が落ちた」ことになります。
もちろん、他に目の病気などの場合もあります。
視力を低下させないためには、普段の生活の中で近業を長時間続けないが基本となり、適度の休憩が必要となります。
近年はスマホやパソコンなど、近くで見ることの多い作業が増えていますので、視力回復トレーニングに頼ることもひとつの方法です。

~大阪視力回復センター~
アベノ視力回復センター
茨木視力回復センター
豊中視力回復センター