お知らせ

紙の書籍と電子書籍のどちらが目に悪い!

紙の書籍と電子書籍のどちらが目に悪い?

結論を先に言うと、やはり電子書籍の方が目に悪いです。

近年、スマホやタブレットの普及により、便利な電子書籍を使う方が増えています。

ディスプレイは自らが光を発しており、読書で画面を凝視する状態になりますから、電子書籍での読書は目を疲れさせる要因が多いのが事実です。

この間近で見る光が有害ですので、電子書籍の方が悪いということになります。

子供の勉強のテキストもタブレットに変わりつつもあります。

光(特にブルーライト)には気をつけてください。

とはいえ、紙の書籍でも暗いところでの読書や長時間読み続けることは、目に負担を掛けるのも事実です。

適度な休憩をとりつつ、読書や勉強に励んでください。

~大阪視力回復センター~
アベノ視力回復センター
茨木視力回復センター
豊中視力回復センター
京都視力訓練センター