お知らせ

習慣の改善を!

春になる前に習慣の改善を!
近くを見るときの距離と目にかかる負担には大きな関連性があります。
近くを見る際は、5cmでも10cmでも距離を遠ざける方が目の負担を軽くすることにつながります。
また、こまめに視点を遠くに移動させることなどで、目を休ませてやる必要があるのです。
つまり「近方視の合間に遠方視をする」クセ(習慣)を身につけることが大切なのです。
同じように姿勢も悪いと目と見るものとの距離が近くなるので、良くありません。
姿勢など習慣の改善も欠かせませんよ。

~大阪視力回復センター~
アベノ視力回復センター
豊中視力回復センター
茨木視力回復センター