お知らせ

雨の日は見えずらい?

人間の目には、虹彩という光の量を調節するための絞りがあります。
その虹彩の中央が瞳孔です。
瞳孔は、明るい環境では小さくなり、暗い環境では大きくなります。
同じだけピントのずれた状態であっても、明るくて瞳孔が小さいときの方が、網膜上のボケの大きさは小さくなります。
そのために、雨の日よりも晴れの日の方が見えやすいと感じるようになるからでしょう。
同じように、昼間と夜の明るさの違いによっても起こりますよ!
目は晴れた昼間を望んでいるのでは!

~大阪視力回復センター~
アベノ視力回復センター
豊中視力回復センター
茨木視力回復センター