目の夏バテ?!

夏になると日差しが強くなり、紫外線が目に入ることで、
目の表面にある角膜や目の奥の網膜に炎症を引き起こすことで、
目の老化を促進したり、視力低下や目の病気につながる可能性が出てきます。
また、暑いのでエアコンの効いた部屋にいると、エアコンの風が目の渇きや疲れを
感じるドライアイの原因になります。
ドライアイの特徴は、ぼやけたり、まぶしさを感じることです。
これらも見えづらさを感じる原因であるため、目の疲れにつながります。
目の疲れも、体と同じく疲労することでバテてきます。
紫外線は、日傘やサングラス、帽子
エアコン風は、風の向きとまばたきと休憩で予防を!
夏の対策を上手に取り入れて夏を快適に乗り切りましょう。

~大阪視力回復センター~
アベノ視力回復センター
茨木視力回復センター
京都視力訓練センター

コメントを残す